会社設立ガイド・TOPへ > 会社の資本金は必要?
会社の資本金は必要?

会社に取っての資本金とは言ってみればその会社の体力のようなものです。

資本金の額を見ることで、その会社の活動のおおよその規模が推定され、社会的信頼度のバロメーターとなります。以前は会社設立の際には、株式会社で1000万円、有限会社でも300万円が必要とされる最低資本金制度が設けられていました。

ところが2006年の会社法の施行により、この最低資本金制度が撤廃されました。減額ではなく撤廃です。つまり事実上資本金が1円からでも株式会社が設立できるようになったのです。

では資本金はもはや何の意味も持たなくなってしまったのでしょうか?決してそんなことはありません。

新しい取引先とビジネスを始める時などには、相手会社を判断するポイントとして「会社の沿革」「主要取引先」「主要取引金融機関」、社員数」などと並んで資本金は必ず参考とされる重要項目です。

実際「あの会社は資本金額が大きいから規模も大きく安心だ」という最低資本金制度時代の判断方法は今でも少しも変化していないのです。

また業種によっては(一般人材派遣業など)現在でも設立時に1000万円以上の資本金を求められる場合があります。

さらに資本金に関しては、新しい設備投資等を必要とする際に増資されることがあります。増資は対外的に見ても会社の「元気さ」や「ブランド力」をアピールする材料となります。つまり会社の魅力が増すというメリットがあるわけです。

このように社会的信頼性を表す指標として資本金の持つ意義は大きいのですが、いたずらに資本金を増やすことで税制上不利になることもありますので注意が必要です。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved