会社設立ガイド・TOPへ > 株式会社のデメリットとは?
株式会社のデメリットとは?

個人事業と比較した際の株式会社のメリットについて述べてきましたが、ここでは逆に株式会社になることのデメリットについても触れておきましょう。

●設立時のコスト
株式会社を設立するためには司法書士などの専門家に頼らず、全ての手続きを自力で行っても25万円前後の費用がかかります。

●社会保険への加入義務
株式会社では社会保険への加入が必ず義務づけられています。社員の社会保険の約半額は会社側が負担しなければなりません。

また社会保険に加入する際には、公共職業安定所、労働基準監督署、社会保険事務所でそれぞれの手続きが必要となります。揃えるべき添付書類も多く、煩雑な手続きとなります。さらに年に1回は定期的な届け出や申告が必要となります。

●赤字でも納税が必要
株式会社では利益が出ている、出ていないにかかわらず均等割分の税金は納めなければなりません。これには法人道府県民税均等割の2万円と法人市町村民税均等割の5万円の、あわせて7万円を支払わなければなりません。

●事務作業が増える
株式会社ではより詳細な帳簿記入が求められます。所得税申告のためには複式簿記による帳簿が強制となります。反面、詳細な帳簿のおかげで経営成績や財務内容の把握は容易になります。

複式簿記などの作成には専門の簿記の知識が必要となるため一般的には会計士などにこうした作業を任せることも多くなります。また法人税申告書等作成には税理士に依頼する必要もありここでもコストがかかります。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved