会社設立ガイド・TOPへ > 事業計画書の作成
事業計画書の作成

事業計画書とは事業を立ち上げるにあたって事業全体の構想と手順を一定の書式に則って記述したものです。事業計画書を作成するメリットおよび作成する上での注意点について考えましょう。

事業計画書作成のメリット

●事業の全体像を把握できる
事業の構想を胸中に抱いていても実際に会社を設立する時に拠り所とするものがなければ、様々な手続きや届出の過程でその構想は徐々に変化しやすく、また外部の人間を納得させる力もありません。会社を設立する現実的な動機や構想が「絵に描いた餅」では困ります。

●資金獲得や従業員獲得の有力な説明材料になる
事業計画書に事業の新規性や、マーケットでの競合性を強調することにより、金融機関に対する資金調達のための有力な武器となります。人材の確保に付いても同じことが言えます。

●従業員のモーチベーションを保つために有効である
目的のはっきりと見えない道を進んで行くのは、起業者はともかく、従業員には大変に困難なことです 。事業のねらいや目的をはっきりとさせることで全社的な活性化が期待できます。

では次に事業計画書を作成する上での注意点を見てみましょう。
事業計画書は各金融機関である程度の書式が決まっていますが、聞かれる項目は基本的に以下のような点です。

●創業する目的・動機
●過去の事業経歴
●今回展開する事業での経験の有無
●商品・サーブビス内容
●セールスポイント

これらの中で特に「事業での経験の有無」や「セールスポイント」は重要です。金融機関は融資するのであって投資するわけではありませんから、実態のあいまいな計画にお金を提供しません。あくまでも「元本」と「利息」を遅滞なく払ってもらうことが絶対条件なのです。

セールスポイントを書く際には必ず融資する金融機関の立場に立って客観的なメリットを書くようにしなければなりません。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved