会社設立ガイド・TOPへ > 社会保険労務士に相談する
社会保険労務士に相談する

皆さんは社会保険労務士と言う職業を知っていますか?また勤めている会社には専門の社会保険労務士や顧問契約となっている社会保険労務士がいますか?またそもそも社会保険労務士がどのような仕事を専門としているのかわかりますか?

弁護士や司法書士、会計士などの比較的分かりやすい専門の士業と比較した場合、社会保険労務士の浸透度はかなり低いという感じがします。

ここではまず社会保険労務士とはいかなる仕事をする専門家で、会社や従業員とどのような関わりあいがあるのかを説明しましょう。 社会保険労務士とは企業の需要に応え、社会保険関連の法令に精通した知識を活かし、労務を適切に管理したり、社会保険に関する指導などを行います。

具体的には社会保険労務士法に定められた書類作成業務と提出代行業務、健康保険証や、年金手帳などの事務手続きを行います。これらの職務は労働・社会保険に関する法令の円滑な実施を図り、事業の発展と労働者の福祉向上を目的として社会保険労務士法によっても制定されている重要な業務です。

また労働時間、安全衛生、福利厚生などの整備や改善に関する相談や指導も会社の環境改善のためになくてはならないことです。

会社内において行う日常仕事としては

●社会保険、労働保険の加入手続き
●厚生年金保険の月額算定基礎届出
●月額変更の届出 などの事務手続きを中心に行います。

またこれらの他にも

●給与計算代行
●助成金申請代行
●就業規則作成および診断 各種事務の代行などもやっています。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved