会社設立ガイド・TOPへ > 司法書士に相談する
司法書士に相談する

会社の設立には多くの書類の手配や作成、手続きや申請、届出などが必要になります。登記などの手続きは通常の生活では全くなじみのないものです。

とはいえ自力でも一つ一つの手続きを、順を踏んで処理して行けばいずれゴール(会社設立)はできます。各々の手続きで分からないことがあれば申し込みの窓口で聞くこともできますし、今はインターネット上にも豊富な情報があります。全てを自力でやるのですから、費用も最小限で済みます。

ではあえて会社設立を司法書士などに依頼することのメリットとは何でしょうか?

司法書士は言わば会社設立のプロです。様々な申請や手続きもスムーズに行います。また書類の作成の多くには厳密に決められたルールがありますが、司法書士なら最初からそうしたルールに則って書類の作成をしますから無駄がありません。申請や届出の際のツボを心得ているのです。

新しい会社を設立する時には、起業者には事務所の準備や従業員の募集、取引先との交渉や公告、会社のシンボルマークの作成の依頼、開店準備などやるべきことが山のようにあります。

人に任せられる部分、特に専門家に任せた方がスムーズに事が運ぶならそれを利用するのが一番手っ取り早く、また起業者自身も本来するべき事業に専念することができます。

会社の経営を始めるといずれ司法書士や税理士などのいわゆる「士業」の人たちとの付き合いが生じます。なにか相談すべきことが発生してから慌てて専門家を探すより、最初から自分の会社について事情を把握している専門家を作っておくことは決して損になることではありません。

また会社設立を司法書士に依頼する場合の費用にしても、プロがほとんどの手続きを処理するため無駄が一切無く、コストの削減につながる部分が多くあります。定款作成の際に通常必要になる印紙代の4万円が無料になる点などはその良い例です。

実際に会社設立をすべて自力でやる場合と、司法書士に依頼する場合とでは数万円しか違わないこともあります。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved