会社設立ガイド・TOPへ > 労働基準監督署・公共職業安定所へ届出
労働基準監督署・公共職業安定所へ届出

会社を設立する際には労働保険加入の手続きも必要となります。

労働保険には労災保険と雇用保険があります。労災保険は労働者が業務上の災害などで被害を受けた場合に、被害を受けた労働者や遺族を保護するために必要となる保険の給付を目的としたものです。

また雇用保険では失業した際に一定の要件を満たすことで、各種助成金・失業給付金などが支給される制度です。

届出先は労災保険に関する届け出が労働基準監督所、雇用保険に関してはハローワークでの届け出となります。届出の順序として、労働基準監督所で提出した書類がハローワークで必要となります。必ず労働基準監督所での手続きを先に済ませるようにしましょう。

●労働基準監督署への届出
労働保険のうち、労災保険に関しては労働基準監督署で加入手続きを行います。従業員を雇用してから10日以内に届出を提出しなければなりません。主な提出書類は、

・保険関係成立届
・概算保険料申告書

また添付書類として
会社の謄本、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿などが必要となります。

●公共職業安定所(ハローワーク)への届出
労働基準監督署への届出を終えたら公共職業安定所で雇用保険の手続きを行います。提出期限は労災保険と同じく従業員の雇用後10日以内です。

主な提出書類は、

・適用事業所設置届
・資格取得届
・保険関係成立届

また添付書類として
雇用従業員が以前雇用保険の被保険者であった時は被保険者証、会社の登記簿謄本、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿、労働保険関係成立届の控えなどが必要になります。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved