電子定款

以前の定款は紙で作成したものを公証人役場に提出し、認証を受けると言うものでしたが、2004年3月からはこれと別に、CD-Rなどのメディアでの認証も受けられることになりました。

これが電子定款と呼ばれるものです。 電子定款というとインターネット上ですべての手続きが完結できるようなイメージがしますが、実際に認証を受けるためには電子定款であっても公証人役場に出向く必要があります。

要するに認証に使用する媒体が紙ではなく電子文書としてデータとしての使用ができるようになったと言うことです。 電子定款であっても、紙による従来通りの定款であっても記載する内容には一切違いはありません。

さて紙による定款の認定には、必ず発起人や代理人の署名・押印が必要となりますが、電子定款はPDF文書になっていますから捺印することはできません。電子定款では捺印に代わるものとして、作成者があらかじめ取得したJCSIの電子証明書で電子署名と言う署名をします。

電子定款を利用する最大のメリットは紙による文書に課税される印紙税がかからないことです。定款を紙によって認定してもらう際には4万円もの印紙税がかかります。電子定款は紙ではないのでこの4万円がまるまるかからなくて済むと言うことになります。

ただし電子定款を作成するための電子証明書や署名キットの費用には数万円かかり、これでは1回だけの定款認定の場合ではあまりメリットは出ません。

数回に渡って訂正したような場合なら別ですが、通常では電子定款を作る際には、すでにこうした電子署名などの環境の整っている行政書士などに依頼する方が、経費的にもリーズナブルなため良く利用されているようです。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved