会社設立ガイド・TOPへ > 印鑑は早めに準備
印鑑は早めに準備

会社設立ですぐに必要となるものが印鑑です。会社設立の登記はもちろん。銀行、役所等に提出する書類にも印鑑を押す必要があります。

特に会社に取っての実印となる代表者印(代表取締役印)は会社の設立登記の際必要となる、会社にとって最も重要な印鑑です。会社設立にあたって必要となると思われる印鑑について以下にご説明します。

●代表者印
代表取締役が登記申請書に押印すると同時に会社の実印として登記所に登録する印鑑です。いわば会社の実印となります。

会社設立後に印鑑証明書の交付を求める際にはこの印鑑の印影が載った証明書が発行されます。 代表者の交代があっても代表印を取り替える必要はありません。

ただし代表取締役の名前等を入れた印鑑であれば当然作り替えることになるので、代表者印を作る際には代表者の名前を入れた印鑑を作るのは止めた方が良いでしょう。

代表者印の大きさには制限があり、辺の長さが1センチメートルの正方形に収まるものや、辺の長さが3センチメートルの正方形に収まらないものはいけない。となっています。

通常18ミリメートルのものが最も一般的です。

●銀行印
銀行を開設する際や、小切手の手形の振り出し、預金の引き出し等の際に用いられます。代表者印を流用することも可能ですが、あまり頻繁に代表者印を使用すると、摩耗や破損、紛失の恐れが高くなりますので、あらかじめ代表者印とは別に作っておく方が良いでしょう。

代表者印のような規格はありませんが通常は代表者印より一回り小さいサイズになっています。

●社印
請求書、見積書、領収書等に使用される印鑑です。四角のものが多く角印とも呼ばれます。

●ゴム印
本店、称号、代表者名が掘られた印で、契約書や各種封筒差出人の欄などに使用します。

他にも名刺は必要ですので、名刺印刷~ビジネスでの活用法など~などを見て名刺の準備をしておきましょう。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved