会社設立ガイド・TOPへ > 株式会社の設立費用は?
株式会社の設立費用は?

株式会社の設立を司法書士等の手を借りる事無く全て自分でやるなどということが可能だと思いますか?

答えは可能です。実際に会社設立に関する登記等すべてを自分一人でやった例はいくらでもありますし、新会社法の制定以後はさらに諸手続きが簡単となり、自分で全ての手続きをやってみようという人が増えています。

とはいえこれまでは株式会社などの設立では司法書士などの協力をあおぐ、あるいは全ての手続きを任せるというのが大半であったにもかかわらず最近になって急速に自分一人で手続きをやってしまうと言うのには、そこに自分一人でやることのメリットが有るからです。

ズバリそれは設立費用が節約できるという点です。 株式会社の設立で費用が発生する大きなポイントは2回有ります。

一つ目は定款の認証時で定款認証手数料:50000円、収入印紙:40000円、定款謄本手数料:2000円など、つまり定款の認証に関する費用だけで92000円ほどの費用が発生します。

次に費用がかかるのは株式会社の設立登記の時です。いわゆる登記免許税の収入印紙だけで150000円かかり、他にも登記簿謄本手数料が5000円かかります。以上登記関連の出費が155000円、先の定款認証の際の92000円と合算すると最低の費用だけでも247000円はかかることになります。

なお、定款の認証に関しては、2002年より電子公証サービスが始まったことにより電子定款で認証を受けることも可能となりました。この場合では収入印紙代の40000円がカットされるので、トータルは237000円となります。

実際の会社設立に関しては様々な資料代等の経費も別途かかってきますので多少は多めに予算を組むことが大切です。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved