証券外務員

"本人の意思に反して、勤務先の都合で証券外務員資格を取得しなければいけなくなったのが理由で、動機はありません。
勤務先のルールで、ある一定の職種は外務員登録をしていないと、お客様と電話で話すことも許されないことになっているのです。
外務員には二種と一種がありますが、現在は二種を取得せずに一種を受験することができます。
二種と一種の違いはデリバティブが出題範囲にあるかないかの違いです。
慣れない人はこのデリバティブが難関になるようですが、私は外務員試験レベルのデリバティブであれば、それほど難しく感じなかったため、一種一発合格を狙いました。
現在、この試験はだれでも受験できるようになったため、書店などで対策本はたくさん売られていますし、インターネットで学習できるサイトも多数あります。
この試験は範囲が広く、テキストを読んだらそれだけで時間を多くとられますので、最初から問題集をひたすら解くことをお勧めします。極端なことを言えば、合格してしまえばわからないことはあとからいくらでもテキストを参照できますので、ここは試験のための勉強をしてください。
私はデリバティブについて苦労することがなかったので、3週間1日平均2時間程度の勉強で合格できました。
楽な試験ではないですが、全く歯が立たないような試験でもないと思います。"

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved