会社設立ガイド・TOPへ > 基本は英語公用語に大賛成です
基本は英語公用語に大賛成です

英語を公用語にすることには、基本的に大賛成です。理由としては、海外とのやりとり仕事が業務の中で多くなっている会社もかなりの数になっていますし、社員にも海外から来ている人の人数が多い企業もあるので賛成です。また、個人的には敬語があまり得意ではないので英語を使えば上司にも敬語を使わずにコミュニケーションがとれるので意見が言いやすくなるのではと思っています。また、業務を全部英語ですると海外への外注先とのやりとりの時に翻訳をしなくても良くなるので便利になります。外注先を海外の企業にもどんどんとすすめていけるので経費削減にもなるのでいいです。英語が話せるだけで他の仕事が出来ない社員の採用をしてしまうミスは問題ですが、英語も上手く話せなくて偉そうにしているだけの上司があまり発言を出来なくなるのもいい点です。だた、会社によっては、顧客も日本人が多くてメリットも少ないところも多いと思うので自分の会社の状況を考えてから公用語を英語にするようにトップには決めて欲しいです。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved