起業したい!けど、会社の手続きは何をすればいい?
はじめての会社設立へ向けて

会社設立で必要となる資本金や費用はいくら必要なのか?法人化の準備にかかる手間や手続きはどうする?書類作成は行政書士といったプロに任すべきなのか?事務所の引越しなどはどうする?といった法人登記時の注意点とアドバイス。これから起業しようと考えている方にとって少しでも参考となれば幸いです。

会社設立の手続きでよく出てくる疑問点 BEST3
リスクをキチンと取れる人間を尊敬します。

"事業を起こすことはキチンとリスクをコントロールすることだと思ってるのですごいことだと思う。 よくリスクって勘違いされてるけど、危険を冒すことではない。 目的や成果に対するブレを許容できることがリスクをとるということ。 チャレンジしないと成功がないというけど、チャレンジしても 当然失敗することもある。 チャレンジの結果を成功でも失敗でも受け入れることができることというのがリスクをとるということだ。 そして起業をするってそういうリスクをとるということだと思うので、若くても、年をとっていても男でも女でも関係なくリスクを取れる人間って尊敬します。 自分自身はそこまでリスクをマネージメントする事は出来ないし、出来ることなら安定的で失敗のない人生を送りたいと 考えている人間なので、リスクとるような根性や計画性は持ち合わせいない。 ただ、今起業をしてる人は失敗したときの覚悟ってしてるのかな。 良くセーフティネットを用意して起業をしやすくみたいなことをいわれているけど、別に会社つぶしたからって犯罪を犯したわけではないからいくらでもやり直しはきくわけで その代わり成功したらでかいリターンがあると思う。 そのリスクをキチンと取れる人間が本来的には起業をするべきなんだろうけど、なかなかそんな人いないんではないかな。"

事業を起こすこと

"今の人たちは、リスクを全然取ろうとしていないと思います。 常に安定志向でチャレンジ精神がなく、それでいて文句ばかり言う人たちです。 事業を起こす時も同じで、作業の大変さやリスクを考えて、そんなのは自分には不可能だと決めつけてしまいます。 でも本当にそうでしょうか? 今のこの時代、いちサラリーマンであったとしても、それが安定しているとは言い切れません。 私は自分のやりたいことを見つけて、常にそれに向かって投資し、失敗があったとしても負けずにチャレンジし続けていく人こそとてもすてきだと思います。 私自身も今起業しているところですが、いざ初めてみると、いろいろな人とのコネクションができたり、つながりをつかっていろいろなことができたりもします。 なので、今の若い人たちにも、若いから何もできないと言うのではなく、若いからこそいろいろとチャレンジできるんだと知って欲しいです。 事業もどんどん起こしてやってみたらいいと思います。"

事業を起こすことは市場の活性化に繋がる

"事業を起こすのは大賛成です。 日本は現在不景気です。 そもそも、今の日本がなぜ不景気なのとか言いますと、未曾有のデフレになっているからです。 デフレになっているということは、だいたいの企業の収益が減っているということで、その影響はその会社から給料をもらって生活している一般のサラリーマンに対しても悪影響をもたらすことになります。 ですから、今の日本人は余計なお金を使わずに貯金にまわす事を考えます。 一昔前、バブル前までは自分で事業を起こし成功をおさめようとする人は大勢いました。 しかし、日本の市場は海外企業の参入などで中小企業などは首をつなぐのがやっとの状態です。 それを知り、見てきた若者は就職活動において大企業へ走ろうとします。 まさしく負のスパイラルであり、これが日本経済の縮図です。 では、こういった状況を打破するにはどうすれば良いのか、といえば「日本の事業の復活」しかありません。 自身で事業を起こすことを考えない日本人には、「事業をして成功した日本企業」の成功サンプルを見せてあげるしかないわけです。 事業を起こそうとする人一人の小さな試みは、昔の日本がそうであったように日本経済の救世主になりえる可能性を大いに秘めているのです。 資金がたまれば、私自身もそうした道にいきたいと考えています。"

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved